ロケーション

注目される期待の街「ライカムエリア」。新たなステイタスの地に誕生。

歴史ある街をより良く活かし、新たな街へ。ライカムエリアに輝きを吹き込む<アワセ土地区画整理事業>。

「ワイズエステムコートライカム」の建設地は、平成22年に土地返還され、平成25年より「アワセ土地区画整理事業」として新たな街づくりが進んでいます。エリア内は秩序ある地区形成がなされ、平成28年現在で公園や緑地・住宅街区の整備が進行中。また健康・スポーツ交流地域には新施設計画も着々と進められ、平成31年度末の事業完了予定を目指し、描く未来像に向けて日々進化をみせています。

中高層利用住宅地区

約6.4haを要する、集合住宅の居住型機能と沿道利用型サービス施設からなり、複合型商業交流ゾーンを補完する広域交流拠点。

低層利用住宅地区

約3.9haを要する、眺望を活かした質の高い戸建て住宅ゾーン。

写真提供:イオンモール沖縄ライカム

複合商業交流地区

ショッピングと交流の華やぎで魅せる「総合商業交流地区」。

アライバルゲート

アライバルゲート

シネマ ライカム

シネマ ライカム

その拠点となるのが2015年春に誕生した「イオンモール沖縄ライカム」。約17万㎡もの広大な敷地には、ファッション・グルメ・シネマなど約220店舗が集結。商業だけでなく国際交流や文化交流の場となる新たなリゾートモールとして県内外からも注目を集めています。

医療地区

地域医療の中核として機能・貢献する「医療地区」も形成。

中部徳洲会病院

中部徳洲会病院

医療地区には、一般診療、急性期・慢性期疾患の治療、予防医療の充実に力を入れる24時間診療の救急病院「中部徳州会病院」が新築移転され、高度な医療を身近にする住みよい街づくりが行われています。